テーマ:レビー小体型認知症

レビー小体型認知症

認知症の中でアルツハイマー(46%)、脳血管性(22%)、についで、18%-20%で三番目に多い。 初期に幻覚、幻視(ないものが見える)が出現する。⇒話をよく聞く内に症状が消える事も多い。ありえない等と言わない。 体は休んでいるが、脳は活動しているレム睡眠の最中に叫んだり暴れたりする。 パーキンソン病と同じような動作がゆっく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本人が発見した認知症 レビー小体型認知症

ぜひ読んでみたいです。 日本人が発見した認知症!『第二の認知症――増えるレビー小体型認知症の今』発行 2012/05/30 17:00 配信 紀伊國屋書店は、アルツハイマーの次に多い認知症として注目される「レビー小体型認知症」を取り上げた『第二の認知症 増えるレビー小体型認知症の今』を発行した。 認知症…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レビー小体型認知症

アルツハイマー病や脳血管障害による認知症は有名ですが、他にも何種類か別の病気があります。 病気が違うと治療法や対処法も異なるので、認知症では適切な早期診断が重要です。 この病気は一種のタンパク質からなる「レビー小体」が大脳皮質にたくさん現れ、神経細胞を壊していく病気です。 物忘れなどの症状があり、いっけんアルツハイマー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more