テーマ:ニュース記事

認知症家族の 「情報格差が大きい」

認知症家族の情報格差を少しでも縮小できるよう、このブログで情報発信を続けたいと考えています。 以下記事抜粋 認知症家族の「情報格差が大きい」―都認知症会議 .東京都の「東京都認知症対策推進会議」(議長=長嶋紀一・日大文理学部教授)は11月4日、第7回会合で若年性認知症の人やその家族への支援の在り方などを検討…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

認知症の人と家族の会、公益社団法人に

認知症の人と家族の会はこのほど、公益社団法人の認定を受けて登記したと発表した。 全国に支部がある社団法人が公益法人の認定を受けるのは初めて。 【関連記事】 認知症を地域で支えるための手引書を公表―東京都  認知症の人の支援に「地域のつながり」を  認知症の専門医「全然足りない」―武田認知症対策専門官  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

札幌市、6月1日に「認知症コールセンター」を開設

北海道のローカルニュースを発信する情報サイト 北海道365 に以下の記事がありました。 相談窓口が増えることはいいことだと思います。 札幌市、6月1日に「認知症コールセンター」を開設 平日午前10時~午後3時まで専門の相談員が対応  介護殺人、介護心中、介護うつ・・・。認知症患者の介護に疲れ、配…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

信濃毎日新聞社からの認知症家族へのアンケート依頼

北海道認知症の人を支える家族の会よりアンケート依頼がありました。 信濃毎日新聞社からの認知症家族へのアンケート依頼です。 信濃毎日新聞社では行政の認知症の対応がまだまだ不十分と考えているのでしょうか? まずは介護する家族の意見を聞いてみようということだと思います。 家族はどんどん生の声を上げてほしいですね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

若年性認知症コールセンターの開設について

若年性認知症コールセンターが開設されたそうです。 以下、北海道庁のホームページより抜粋です。  厚生労働省は,若年性認知症の電話無料相談を行う「若年性認知症コールセンター」を開設しました。  認知症は高齢者だけの病気ではなく,年齢が若くても発症することがあります。 65歳未満で認知症が発症した場合を「若年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

若年性認知症の人・家族支援へ「土曜サロン」開設

ありがたい取り組みだと思います。 グループホームで働くスタッフが、認知症に対する知識や介護技術が完璧かといえば、そうでないことも多いと思います。 他のグループホームでも家族支援やスタッフ教育に、今まで以上に力を入れていただけますよう、お願いいたします。 週刊:介護新聞 4月15日付 若年性認知症の人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寂しい話 ボランティア団体にも高齢化の波

以下、神戸新聞からの抜粋です。 1990年から認知症の高齢者や家族を支援してきた神戸市東灘区のボランティア「ろう梅会」が2月で活動に終止符を打った。 介護や昼食、遊びなど家庭的なサービスを提供してきたが、会員が高齢化し、20周年を区切りにした。活動を締めくくる会が開かれた8日、会員らは「私たちもそろそろ介護される年だけど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

他人事ではない、介護ストレス どう息抜きするか?

これから、こういう記事はどんどん増えそうな気がします。 最初から暗いニュースでごめんなさい。 以下、読売新聞より抜粋 「介護に疲れ」母親絞殺の60歳女、出頭し逮捕  警視庁光が丘署は28日、東京都練馬区光が丘3、無職長井清江容疑者(60)を殺人容疑で逮捕した。  発表によると、長井容疑者は26日午前8時頃、ベッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more