テーマ:脳の病気

脳血管性認知症

脳血管性認知症脳血管疾患の後遺症 脳血管性認知症ってなに? 脳血管性認知症は、その名の通りで、脳梗塞(脳の血管に血栓という血の固まりがつまった状態)、脳出血(脳の血管が破れて出血した状態)など脳の血管に異常が起きた結果、認知症になるものを指します。 簡単に言うと、脳血管疾患の後遺症です。 脳血管性認知症の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

若年性認知症

アルツハイマー型認知症はもともと若年性の病気 痴呆は高齢者の病気―そんな誤解をしている人が多いのではないでしょうか。 しかし、実は働き盛りの年代でも痴呆になることがあります。それが、近年よく耳にするようになってきた「若年性認知症」です。 若年性認知症ってなに? 若年性認知症は最近発見された病気なのではありません。10…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水頭症と認知症

水頭症と認知症について調べてみました。 特発性正常圧水頭症iNPHは、歩行障害、認知症、尿失禁が典型的な症状ですが、高齢者にはしばしば見られる症状であるだけに、見過ごさないように注意しなければなりません。 その中でも、歩行障害が最初に出やすい症状であり、同じ認知症の症状を呈するアルツハイマー病と鑑別できるポイントとなります。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パーキンソン病

パーキンソン病・パーキンソン症候群誰でもなる可能性があります。 誰でもパーキンソン病になる可能性がある?! パーキンソン病は、脳神経系の病気の中でもっとも患者数の多いもののひとつです。 日本全国で10万人以上の患者が存在すると思われます。 残念ながらパーキンソン病の原因はいまだに詳しくわかっていません。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピック病

働き盛りを襲う “ピック病” ピック病とは、前頭側頭葉変性症の中核的な病気です。前頭側頭葉変性症は名前のとおり大脳のうち前頭葉と側頭葉が特異的に委縮する病気です。このうち、神経細胞内に病変「ピック球」が現れるものがピック病です。 ピック病は若年性認知症のひとつで、性格の変化や理解不能な行動を特徴とする病気です。 ピック…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

認知症の概要

 認知症とは、何らかの「脳の病気」によって、ものを覚えること(記憶)、会話を理解すること(言語理解)、できごとを判断すること(判断)などの「認知機能」に影響が出て、それによって「生活機能」が妨げられた状態を言います。 認知症の原因となる脳の病気はたくさんありますが、頻度が高い脳の病気はアルツハイマー病、レビー小体病、脳血管障害などです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more