テーマ:認知症初期集中支援チーム

認知症、「負担かかってもいいから自宅で介護したい」最多

認知症、「負担かかってもいいから自宅で介護したい」最多 認知症に関する意識・実態調査結果 配信日:2012/10/11 カテゴリ[業界情報] エーザイ株式会社エーザイ・ジャパンが、増加傾向にある認知症に関する人々の意識・実態を把握するため、65歳以上の親がいる20代以上の男女、47都道府県9,400人を対象に認知症に関…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

認知症とともに 地域で見守り、暮らせる社会に

愛媛新聞社説 2012年06月25日(月) 認知症とともに 地域で見守り、暮らせる社会に  「かつて、私たちは認知症を何も分からなくなる病気と考え、…疎んじたり、拘束するなど、不当な扱いをしてきた」 「『認知症の人は精神科病院や施設を利用せざるを得ない』という考え方を改め、『認知症になっても本人の意思が尊重され、住…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新たな認知症施策をまとめた報告書を公表

新たな認知症施策をまとめた報告書を公表- 在宅支援チーム創設を提言・厚労省  厚生労働省は18日、認知症の人や家族を訪問し、早い段階から支援する専門職チームの創設などを盛り込んだ報告書「今後の認知症施策の方向性について」をまとめた。医療機関や介護施設への入院・入所を前提とせず、認知症になっても地域で暮らし続けられる社会をつく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

認知症対策 認知症に早期在宅ケア

認知症に早期在宅ケア、厚労省が来年度から 読売新聞 6月17日(日)3時1分配信  急増する認知症に対応するため、厚生労働省は来年度から新たな認知症対策に乗り出す。  専門職による訪問チームが発症初期から関わることで、自宅で長く暮らせるようにするのが狙い。症状が悪化して、精神科病院へ長期入院することも防ぐ。5か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more